M.A.R.T.

FUJI SUPER TEC 24H RACE

Rd.03 FUJI

国内では「十勝24時間」以来10年ぶりの開催となった24時間レース、富士SUPER TEC。TOWA Intecは、予選でポールポジションを獲得し、最高の形で24時間の決勝レースを迎えました。しかし、待ち受けていたのは、開始早々のアクシデント。ブレーキをミスした82号車が1コーナーで#59 DAMD MOTUL ED WRX STIの右サイドに追突。幸いにもスタートドライバーの学くんに怪我はなく、右側が大きく内側にめり込んだ状態のマシンも、石原さんを初めとしたメカニックの迅速な作業で、わずか30分で復活!コースに復帰した後は、各ドライバーがコレクティグな走りを見せ、クラス2番手にまで追い上げました。しかし、18時間を経過した頃に、序盤にダメージを受けた右サイドのフロントがついに悲鳴をあげコースアウト。リペアエリアに運ばれてきた満身創痍のマシンでしたが、またもや、メカニックの懸命な作業で復活し、クラス4位で完走を果たしました。シリーズランキングトップは明け渡す結果となりましたが、ポイント差は最小限にとどめ、自力での6連覇が可能な状況に踏みとどまりました。ゴッツの活躍にご期待ください。応援よろしくお願いします。(よーぞー)

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

JPSC2018

Rd.01 NIKKO

「営業車で楽しむ!」をコンセプトとしたちょっと風変わりなワンメイクレース「全日本プロボックス/サクシード選手権(JPSC)」、その開幕戦にゴッツがターマックのメカニック仲間である、池部さんと立場川さんとの3人で参戦してきました。
結果は、45分の耐久レースを4位でフィニッシュ。第2戦では、表彰台を目指して頑張りますので、皆さんも応援よろしくお願いします。参加者も募集中ですよ。(よーぞー)

photo:篠原晃一

SUPER 耐久

Rd.02 SUGO

スーパー耐久2018第2戦スポーツランドSUGO。開幕戦では、見事ポールトゥウィンを達成したTOWA INTECの#59 DAMD MOTUL ED WRX STI。
菅生での第2戦では、25kgのウェイトを積んでの戦いとなった。昨年よりさらに加算されたウェイトの影響からか、中々思うような走りができない#59号車。予選ではライバルの#6号車に僅差で敗れ、クラス2番手からのスタートとなりました。
決勝では、序盤こそライバルの#6号車に先行を許すも、#6号車がトラブルに見舞われている間に、安定した走りで周回を重ね、トップでチェッカー。見事2連勝を飾りました。
次戦は、富士スピードウェイでの24時間レース。50kgのウェイトを積んでの過酷な24時間レースで、優勝を飾れば、シリーズ6連覇を大きく手繰り寄せることに!久々の24時間レースとあってゴッツも気合十分です。第3戦富士でのゴッツの活躍にご期待ください。応援よろしくお願いします。(よーぞー)

photo:吉見カメラマン/石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.01 SUZUKA

スーパー耐久2018開幕戦。ゴッツは、ST-2クラスで5連覇を達成したTOWA Intecのステアリングを今シーズンも引き続き握ることになりました。2018シーズンは、ゴッツにとっての3連覇、チームにとっては6連覇を目指しての戦いになります。チームは昨年までの2人ドライバー体制から、CドライバーにスーパーGTやGR 86/BRZレースでSUBARU BRZを駆る井口卓人選手、DドライバーにはFIA- F4に参戦中の若手ドライバー石坂瑞基選手を迎え、さらにパワーアップ。ピットストップでの作戦の幅も広がり、6連覇を掛けたシーズンの開幕を万全の状態で迎えました。土曜日の予選、#59 DAMD MOTUL ED WRX STIは、ライバルの6号車をコンマ1秒の差で抑えポールポジションを獲得。迎えた翌日の決勝では、序盤こそ6号車に先行を許すも、中盤でトップにたつとその後は順調に周回を重ね、2位に2周差をつけてのチェッカー。開幕戦から見事ポールトゥウィンを達成し、6連覇へ向け視界は良好です。
第2戦の菅生でも、ゴッツの活躍にご期待ください。応援よろしくお願いします。(よーぞー)

photo:吉見カメラマン/石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.06 OKAYAMA

スーパー耐久2017第6戦。前戦の富士スピードウェイでシリーズタイトルを獲得しチャンピオンとして最終戦に挑んだTOWA Intec。念願の5連覇達成の余韻に浸りながらも、来季につながる勝利を上げたいチームでしたが、舞台は岡山国際サーキット。#59 DAMD MOTUL ED WRX STIが車両特性的に、最も苦手とするこのコース、予選ではライバルの6号車に0.016秒と肉薄するも、その差を3時間の決勝レースで縮めることができず、最終戦は、2位でチェッカーを受けました。2017年は、TOWA Intecの5連覇達成、ゴッツ自身にとっては初のシリーズ連覇と最高の1年となりました。2018年もM.A.R.T.は、サーキットを全力で走り続けます。
見かけた際はぜひ声をかけてください。応援よろしくお願いします。(よーぞー)

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.05 FUJI SPEEDWAY

富士スピードウェイで開催されたスーパー耐久第5戦。10時間のレースとなるため、今回はCドライバーを加えた3名で挑むことに。その10時間にTOWAINTEC Racingが迎えたシークレットゲストは・・・、な、な、なんと谷口信輝選手(ゴッツの師匠)! これで優勝間違いなしという空気が周囲に流れる中、師匠・谷口選手は、淡々とチームに闘魂を注入。予選では、周囲の予想に反し、通常通りの学・ゴッツペアで挑み、見事ポールポジションを獲得。迎えた決勝でも、師匠がもたらした「ピリッ」とした空気に触発されたのか、チームもドライバーも順調にスティントを重ね。10時間が経過する頃には、5連覇へのカウントダウンが・・・。チーム全員の目頭が熱くなる中、ゴッツが駆る#59 DAMD MOTUL ED WRX STIがクラストップでチェッカー。見事優勝し、TOWAINTEC Racingのクラス5連覇の夢が叶いました。ゴッツにとっては、初の連覇。心の底から浮かれたいところですが、まだ岡山でのレースが残っています。最終戦もゴッツの活躍にご期待ください。(よーぞー)

photo:吉見カメラマン・石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.04 AUTOPOLIS

第3戦SUZUKAで勝利し、5連覇に向けて大きく前進した#59 DAMD MOTUL ED WRX STI。迎えた第4戦のオートポリスでは、50kgのウェイトハンデを背負って戦うことに。厳しい結果が予想された予選では、厳しいウェイトハンデを見事跳ね除け、ポールポジションを獲得。しかし、5連覇を手繰り寄せる3勝目を期待して迎えた決勝では、軽い接触にも関わらず、レインランプが損傷。修復に時間を取られてしまい、順位を落として惜しくも3位でレースを終えることになりました。依然シリーズランキングトップはキープしている#59号車。富士スピードウェイで開催される第5戦の10時間耐久に勝てば文句なしでシリーズチャンピオン・5連覇の夢が叶います。ゴッツの活躍にご期待ください。(よーぞー)

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.03 SUZUKA

第2戦SUGOでの勝利で、ST-2クラスのシリーズランキングでトップに立った#59 DAMD MOTUL ED WRX STI。日本モータースポーツの聖地鈴鹿サーキットで開催された第3戦では、30kgのウェイトハンデを背負いながらの戦いとなりました。ライバルたちの勢いを抑えるためにも、何としても連勝を飾りたいTOWAINTEC Racingでしたが、予選ではライバルの7号車にあと一歩及ばずポールポジションを明け渡してしまいました。クラス2番手からのスタートで迎えた決勝、ゴッツは途中接触のペナルティを受けるも、燃費を抑えながらのコレクティブな走りで周回を重ね給油回数を減らすことに成功、代わった学くんが、後続を振り切って見事2連勝を達成! シリーズランキングでも2位に22Pの差をつけ、5連覇に向けて大きく前進を果たしました。次戦オートポリス戦は50kgのウェイトハンデを背負うため、厳しい戦いが予想されます…。きっと減量してくるであろうゴッツの活躍にご期待ください。(よーぞー)

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.02 Sportsland SUGO

必勝態勢で臨んだ開幕戦が2位で終わり、5連覇へ向けて厳しい船出となったTOWAINTEC Racing。ST-2クラスのライバル(ランサー勢)も戦闘力を上げてきているだけに、スポーツランドSUGOでの第2戦は、絶対に落とせない重要なレースとなりました。土曜日に行われた予選では学くんとゴッツの合算タイムで見事にポールポジションを獲得。日曜日の決勝でも、スタートドライバーの学くんが後続を引き離し、ほぼ序盤で勝利を確実なものにしました。その後は、ライバルがトラブルに見舞われた事もあり、盤石の態勢でポール・トゥ・ウィンを達成。さらに、ライバルがノーポイントに終わったため、第2戦の勝利で、#59 DAMD MOTUL ED WRX STIはシリーズランキングでもトップに浮上しました。ここから、トップの座を譲ることなく「5連覇」を達成できるのか? ゴッツの今後の活躍にご期待ください。

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.01 TwinRing Motegi

昨シーズンに続きTOWAINTEC Racingの#59 DAMD MOTUL ED WRX STIのBドライバーとして参戦が決まったゴッツ。スーパー耐久シリーズ4連覇(ST-2クラス)を達成したTOWAINTEC Racingが次に狙うのは、もちろん『シリーズ5連覇』! S耐タイトルホルダーとなったゴッツに昨年以上にプレッシャーがかかる中、スーパー耐久2017シリーズがツインリンクもてぎで開幕しました。土曜日の午前に行われた予選では、微妙な路面コンディションの中、なんとか踏ん張りポールポジションを獲得したTOWAINTEC RacingのWRXでしたが、迎えたその日の午後の決勝では、スタートの混乱からポジションを落としてしまい、終盤のピットトラブルの影響で後退。追い上げるも後一歩届かず、惜しくも2位でのフィニッシュとなりました。5連覇に向けて厳しい船出となりましたが、昨年の戦いの中で勝利の味を覚えたゴッツなら、きっと応えてくれるはずです。2年目となるゴッツのWRXでの挑戦、応援よろしくお願いします。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.06 Autopolis

スーパー耐久2016第6戦、舞台はオートポリス。岡山でシリーズタイトルを獲得しチャンピオンとして最終戦に挑んだTOWA Intec。4連覇達成の余胤に浸りながらも、さらなる目標「シリーズ5連覇」へ向け、来季につながる勝利を上げたいチームでしたが、天候不良のため同予備の予選は中止となり、ランキング順のグリッドでスタートすることになりました。迎えた決勝では、ライバルがトラブルで脱落し、トップで周回を重ねていたのですが、終盤に足回りのトラブルに見舞われ惜しくも2位フィニッシュとなりました。タイトル獲得後もさらなる勝利に向けてひた走るチームの姿に、4連覇を達成したチームのファイティングスピリットを感じた最終戦でした。2016年のシーズンはシリーズタイトルと言う喜ばしい結果とともに終えることができましたが、 M.A.R.T.も、これからもさらなる勝利を目材して走り続けます。応援よろしくお願いします。

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.05 OKAYAMA

スーパー耐久第5戦の舞台は岡山国際サーキット。前戦富士スピードウェイでの勝利により、シリーズランキングで大きなアドバンテージを得たTOWA Intecは、タイトルを争うライバルの6号車より前でフィニッシュすることができればシリーズタイトル獲得が確定するとあって、これまで以上にリラックスした雰囲気の中レースを迎えました。予選でも合算タイムでクラスポールを獲得し、シリーズ連覇へのカウントダウンが始まリました。迎えた決勝でも、序盤に20号車に先行されましたが、リスクを回避した確実な走りで周回を重ね、チーム全員が見守る中、無事2位でフィニッシュ。この結果、最終戦を待たず、シリーズ4連覇を達成することができました。ゴッツにとってはインテグラ時代以来となる年間タイトル獲得となり、これまでのプレッシャーからの解放と相まって喜びもひと塩でした。

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.04 Fujispeedway

スーパー耐久第4戦、舞台は富士スピードウェイ。シリーズ最長となる9時間のレースとあって、加算されるポイントも1.5倍に。TOWA Intecのシリーズ4連覇にとっては決して落とすことができない重要なラウンドとなった。緊張の中迎えた予選では20号者に1秒の差をつけられポールポジションを奪われてしまったが、決勝では前を走っていた20号車のトラブルもあり、早々にトップに躍り出る。その後は、各ドライバーがコレクティブな走りで9時間をつなぎ、今季2勝目を上げた。この結果シリーズランキングでも2位以下に大きく差をてつけ、念願のシリーズ4連覇へ大きく近づいた。

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

JOY 耐 2016

7/2-3 Twing Ring Motegi

昨年は、ポールポジションからの総合優勝と、ほぼ全ての賞を総ナメにした福田ソーラーS2000(FSNSポテンザSPMWMFK)!今年は、メンバーにスーパー耐久でS2000を操る松井選手を加え、万全の体制で連覇という偉業に挑んだチームでしたが、そう簡単には優勝できないのがJOY耐…。予選では、Aドライバーのゴッツがトラブルに見舞われるも、松井選手の渾身のアタックで総合4番手をゲット。迎えた決勝では、昨年同様痺れるバトルを、ライバルの#27ちっちロードスターと繰り広げていたのですが、思わぬ伏兵、同じガレージFK仲間である、ガレージFK☆SPM☆ヴィッツの「これぞヴィッツマイスターの走り!」というコレクティブなレース展開の前に連覇の夢は絶たれ…、総合4位となりました。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.03 SUZUKA

スーパー耐久第3戦、舞台は聖地鈴鹿サーキット。第2戦ではSCの関係で満足に走行できなかったゴッツでしたが、見せ場は第3戦の予選で訪れました。ST-2クラスで、6号車のヤスくん(菊地靖)に次ぐ2番手のタイムを記録し、Aドライバーの学くんとの合算タイムで見事ライバルを逆転し3戦連続のポールポジション(1ポイント)を獲得しました。迎えた決勝では、6号車との競り合いが続く中、ピットでのトラブルにより、惜しくも2番手フィニッシュ。シリーズランキングでは、なんとかトップを死守するも、シリーズ制覇に向けて気の抜けないレースが続きそうです。次戦は富士スピードウェイで、シリーズ最長となる9時間レースを戦います。
皆さんの応援、よろしくお願いします。

photo:吉見カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.02 Sportsland SUGO

スーパー耐久第2戦の舞台はスポーツランドSUGO。開幕戦では、見事ポールトゥウィンを飾ったTOWA Intecでしたが、第2戦では、SCが3度も投入される波乱の展開に大苦戦。それでも、Aドライバーの学くんの活躍もあり、なんとか3位表彰台を獲得することができました。今回は、SCの関係で満足に走行できなかったゴッツですが、シリーズ制覇のためにも、次の第3戦は絶対に落とせないレースとなりそうなだけに、聖地鈴鹿でのレースで、存在感を発揮してくれるハズ。
皆さんの応援、よろしくお願いします。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

SUPER 耐久

Rd.01 TwinRing Motegi

2年ぶりにスーパー耐久の舞台に舞い戻ったゴッツ。参加するのは、ST-2クラスで3年連続のチャンピオンに輝く強豪チーム・TOWA Intec! 果たしてゴッツは、ST-2クラス最速のマシンSUBARU WRXを乗りこなし、チャンピオンチームにふさわしい走りを見せることができるのか、ゴッツ本人も周囲の仲間たちも神経を尖らせながら迎えた茂木での開幕戦。ゴッツは予選からミスないコレクティブな走りを披露、Aドライバーの学くんの活躍もあり、見事に復帰初戦をポールトゥフィニッシュという完璧な結果で終えることができました。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.

GR 86/BRZ Race

TGRF2015 Fujispeedway

2015年シーズンの上位ランカーによるGR 86/BRZ Race特別戦がTGRF2015(TOYOTA GAZOO RACING FESTIVAL 2015)(11/22)のイベントレースとして開催されました。得意の富士スピードウェイでのレースとあって、予選は今季ベストとなる9番手と、好発進のゴッツでしたが、決勝ではプロクラス上位ランカーの猛者たちに競り負けてしまい13位フィニッシュ…。あと一歩のところでベスト10に届かず…、今シーズンのプロクラスの厳しさを象徴するようなレースとなりました。

シーズンを通じて、1ポイントも獲得できないという厳しい結果となってしまいましたが、SEV・POTENZA・Prodriveをはじめとするスポンサーの皆様、応援にきてくれた皆様のおかげで、プロレーサーたちとコース上で堂々のバトルを繰り広げることができました。GR 86/BRZ Raceの挑戦は2015年シーズンで終了となりますが、 M.A.R.T.はこれからもサーキットを走り続けますので、応援よろしくお願いします。

photo:石原カメラマン/M.A.R.T.